つみたてNISA

つみたてNISAとは

investment-plan01

毎月決められた日に、一定の金額で投資信託の買付を行うものです。非課税額は毎年40万円、非課税期間は最長20年間となっています。
※運用益・分配金(普通分配金)が非課税となります。
つみたてNISA対象銘柄は、法令上要件を満たした長期投資に適しているファンドとして金融庁に届出が受理された投資信託となっています。


つみたてNISAの魅力


対象ファンド一覧

つみたてNISAは、最長20年と長期の資産形成を目的とした制度です。岡三にいがた証券では、多くの投資家の皆様に当制度を活用していただけるよう長期投資に適したインデックスファンド/アクティブファンドを取り揃えています。 つみたてNISA銘柄のお買付け時、販売手数料は全ファンド無料で行えます。 ご自身の投資スタイルに合った投資を行ってみませんか?

投資対象
資産
投資地域 ファンド名 運用管理費用
(信託報酬)
(税込)
運用方針
インデックスファンド
株式 日本 たわらノーロード 日経225 年率
0.1836%
国内株式に投資。
日経平均株価(日経225)に連動。
ニッセイTOPIXオープン 年率
0.540%
国内株式に投資。
TOPIX(配当込み)に連動。
先進国 iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし) 年率
0.2052%
外国株式(DR(預託証券)を含む)に投資。
MSCIコクサイ指数(円ベース)に連動。
米国 iFree S&P500インデックス 年率
0.243%
米国株式(DR(預託証券)を含む)に投資。
S&P500指数(円ベース)に連動。
新興国 SMT 新興国株式インデックス・オープン 年率
0.648%
外国株式に投資。
MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円ベース)に連動。
資産複合 内外 三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド 年率
0.2268%
世界各国の債券、株式および不動産投資信託等に分散投資。
日本 日本株式・Jリートバランスファンド 年率
0.2052%
日経平均株価採用銘柄および不動産投資信託(J-REIT)にそれぞれ50%程度分散投資。
アクティブファンド
株式 日本 大和住銀DC国内株式ファンド 年率
1.026%
国内株式に投資。
ファンダメンタル価値比割安性(バリュー)を重視。
株式及び公社債 内外 ハッピーエイジング30 年率
1.458%
国内外の株式の基準組入比率を70%として投資。
ハッピーエイジング40 年率
1.296%
国内外の株式の基準組入比率を50%として投資。

※ファンドの詳細については、交付目論見書等でご確認ください。目論見書等は岡三にいがた証券でお受け取りください。


つみたてNISAのご利用に際してのご留意点

(1) つみたてNISAと一般NISAは選択制で併用はできません。
ある年について、一般NISAを選択して新規に投資を行った場合、その年はつみたてNISAで新規に投資を行うことはできません。
変更を行う場合には、原則として暦年単位となります。

(2) 積立契約(累積投資契約)に基づく定期かつ継続的な方法による買付を行う必要があります。
金融機関とつみたてNISAに係る積立契約(累積投資契約)の締結が必要で、定期かつ継続的な方法で対象商品の買付を行う必要があります。

(3) ロールオーバー(翌年分の新たな非課税枠に時価で移管すること)はできません。
非課税期間の20年間が終わると、つみたてNISA内の投資信託等は課税口座(特定口座や一般口座)に移管、または売却のいずれかとなります。

(4) 信託報酬等の概算値が原則として年1回通知されます。
買い付けた投資信託の信託報酬等の概算値が年1回、買い付けた金融機関から通知されます。

(5) 基準経過日における氏名・住所の確認が求められます。
つみたてNISAでは、基準経過日(利用開始日から10年経過後およびその後5年経過毎の日)に買い付けた金融機関による氏名・住所の確認が必要となります。基準経過日から1年以内に確認ができない場合は、つみたてNISA制度の適用が受けられなくなります。

手数料およびリスクについて(必ずお読みください)

当社Webサイトに記載の金融商品等にご投資いただく際には、各金融商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各金融商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各ページに掲載された各金融商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、手数料およびリスクについての重要な注意事項のページをお開きいただき、よくお読みください。

手数料およびリスクについての重要な注意事項

なお、当該金融商品の取引契約をされる場合、当サイト記載の注意事項のほか、その金融商品の「契約締結前交付書面」(もしくは目論見書)または「上場有価証券等書面」等の内容を十分にお読みいただき、ご理解いただいたうえでご契約ください。

PAGE TOP