ジュニアNISA

ジュニアNISAとは、2016年4月に取引が開始する未成年(0歳から19歳まで)のお子さまのための「少額投資非課税制度(NISA)」です。NISA同様、上場株式・投資信託等で得た利益や、配当金・分配金にかかる税金が0%(非課税)になります。

日本にお住まいの0-19歳の未成年者が口座開設可能  image001

ジュニアNISA口座を開設できるのは1月1日現在で19歳以下の方で、親権者等の同意が必要となります。

20歳以上の方はNISA口座の開設が可能です。

ジュニアNISA口座は「1人1口座1金融機関」でのみ開設が可能です。また、口座開設後の金融機関の変更はできません。

2016年1月から口座開設が可能、4月から運用開始  2_inu

ジュニアNISA口座は2016年1月から開設できますが、ジュニアNISA口座を通じた取引の開始は2016年4月受渡分からとなります。

ジュニアNISA口座の運用管理は、原則として親権者等が代理しておこないます。ジュニアNISA口座を開設いただくと、制度終了までご利用いただけます。

買付けは2023年12月末までですが、運用は20歳になるまで可能です。その年の1月1日現在で20歳になっていた場合は、NISA口座が自動的に開設されます。

投資額の上限は年間80万円、最大投資額は5年間で400万円

毎年の非課税投資枠80万円は、手数料を除いて計算します。max500

購入した商品を売却しても新たな非課税投資枠は発生しません。

未使用分の非課税投資枠を翌年以降に繰り越すことはできません。

購入した商品は、最長5年間非課税

たとえば、2016年いずれの時期に購入しても、非課税期間は2020年12月までです。max5years

5年間の非課税期間が終了した場合でも、商品を継続して非課税対象としたい場合には、終了時の時価80万円を上限に、翌年(2023年まで)に設定される非課税投資枠へ繰り越すこと(ロール・オーバー)ができます。

2024年以降の年初においては、時価80万円を上限に継続管理勘定へ繰り越すことができます。

対象商品は、上場株式や株式投資信託等  5_usagi

岡三にいがた証券では、

がジュニアNISAの対象商品となります。

※具体的な取り扱い商品は、各金融機関によって異なります。

配当金分配金譲渡益が非課税

ジュニアNISA口座内で購入した上場株式や株式投資信託の配当金(※1)や分配金(※2)、及びそれらの商品を売却した場合の譲渡益が非課税となります。

hikazei

(※1)配当金を非課税とするためには、配当金を証券会社で受け取る方式「株式数比例配分方式」を選択する必要があります。

(※2)投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は、もともと非課税のため、制度上の非課税メリットは享受できません。

売却はいつでも可能払出しは18歳まで制限あり

ジュニアNISA口座で保有している上場株式等は、いつでも売却することは可能です。ただし、上場株式等から発生した配当金・分配金、売買代金等は「課税ジュニアNISA口座」で管理され、原則として、3月31日時点で18歳である年の前年12月31日までは払出すことができません

途中で払出す場合には、過去の利益に対し遡って課税されます。ただし、災害等やむを得ない場合には、非課税扱いでの払出しが可能です。

kaidan

2023年の買付け期間終了後も20歳までは非課税で運用可能

ジュニアNISA口座の開設、及び買付けは、2023年で終了しますが、その後も20歳まで非課税で運用を続けることができます。

2024年からは買付けができませんが、2024年から2028年の年初において、5年間の非課税期間終了時に保有する上場株式等は、時価80万円を上限に繰り越す(継続管理勘定へロール・オーバー)することができます。

20歳になると、その翌年から自動的にNISAが利用可能

adult12022年までに20歳になった場合、その翌年からは特別な手続きをしなくても自動的に、ジュニアNISA口座を開設していた金融機関でNISA口座を利用することができます。

5年間の非課税期間終了時の時価120万円を上限に、NISA口座へ繰り越すこともできます。

ジュニアNISAとNISAの比較

  NISA ジュニア
NISA
対象者 日本に住む20歳以上の成人 日本に住む0~19歳の未成年
年間非課税枠 年間120万円 年間80万円
非課税対象 上場株式、株式投資信託等の配当金等と譲渡益
非課税期間 投資した年から最大5年間
運用管理 本人 原則として親権者等が代理して運用
払出し制限 なし 18歳まで払出し制限

ジュニアNISA口座開設手続きの流れ

ジュニアNISA口座開設に必要な書類等を岡三にいがた証券にご提出ください。

口座開設には代理人(親権者等)の登録が必要となります。

あわせて、マイナンバー届出書等のご提出も必要となります。

<必要書類>
(1)ジュニアNISA申込書、(2)マイナンバー届出書(口座名義人ご本人)、(3)本人確認書類(口座名義人ご本人)、(4)親権者等と口座名義人との関係を証明する書類(戸籍謄本など)と親権者等の本人確認書類等(親権者、取引代理人)

必要書類の詳細は、お近くの岡三にいがた証券までお問い合わせください。

岡三にいがた証券から税務署に対し、口座開設の申請を行います。

税務署で口座開設に関する確認が完了すると、税務署より岡三にいがた証券へ口座開設の確認通知があります。これを受け、お客さまへ申請結果をご連絡いたします。

なお、税務署の審査には一定の時間を要します。

ジュニアNISA口座が開設されます。

ジュニアNISA口座が開設され、取引が可能となります。

 

PAGE TOP