NISAについてのよくあるご質問

当初NISA口座で株式投資信託を120万円投資したら、値上がりして時価総額が140万円になりました。非課税優遇枠を超えていますが維持できますか。
非課税優遇枠は投資額で120万円となっています。投資上限額は時価総額ではなく、投資額で行います。従って、時価が120万円を超えても非課税の措置は維持されます。
最初の1年目は80万円だけNISA口座で投資しました。2年目は新たに発生した非課税枠120万円に1年目の残り40万円の枠を加えて160万円まで投資可能になりますか。
利用されなかった非課税枠は翌年以降に繰り越せません。従って2年目も投資可能なのは120万円までとなります。
既に課税口座で株式投資信託を持っているのですが、これをNISA口座に移して非課税枠の適用を受けることはできますか。
非課税の措置の適用を受けることができるのは原則NISA口座での新規投資の場合だけなので、課税口座で保有している有価証券をNISA口座に移して非課税の措置の適用を受けることはできません。
NISA口座で1年目に購入した株式投資信託を同じ年に売却し、別の株式投資信託に入れ替えることはできますか。
投資額の上限を計算するときは、投資額の累計で行われますが、売却によって投資額の減算は行われませんので、売却分の再利用はできません。
NISA口座で120万円投資したところ、同じ年に分配金が出ました。これを再投資することはできますか。
投資額の上限を計算するときは、投資額の累計で行われます。従って非課税で分配金を受け取ることはできますが、最初に120万円を投資したことで投資額の上限に達しており、同じ年の再投資分は課税されます。
PAGE TOP